ダ鳥獣戯画のすべて

島巻断簡 尾木家本 解説

解説

島巻断簡 尾木家本(とうかんだんかんおぎけぼん)

徳洲家の御伽衆を代々務めてきた尾木家に伝わる鳥獣戯画図。

近年の研究により島巻の一部と判明している。雨に強いはずのカエルが蓮の傘を携えているところがユーモラスで、ファンも多い。

閉じる