ダ鳥獣戯画のすべて

相馬の古内裏 解説

解説
相馬の古内裏

相馬の古内裏(そうまのふるだいり)

江戸時代を代表する浮世絵師である歌川国芳の「相馬の古内裏」に酷似した鳥獣戯画絵。

国芳も擬人化された動物をよく描いたことから関連性があるのかどうか議論の的になっている。

内容はキツネ扮する平将門の息女「瀧夜叉姫」が廃墟となった将門の政庁を根城に妖怪を呼び寄せ、朝廷に反旗を翻す計画をするも、大宅太郎光國に暴かれた場面を戯画にしたものと思われる。

閉じる